“刷毛序:はけついで” の例文
“刷毛序:はけついで”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂4
夢野久作1
“刷毛序:はけついで”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「少し凉し過ぎるが、良い日和ぢやありませんか。これから直ぐ正燈寺へのして、刷毛序はけついで仲町なかを覗きたいくらゐのもので」
平次は刷毛序はけついでに家中の者皆んなに、一とわたり會つて置く氣になりました。
平次は刷毛序はけついでに家中の者皆んなに、一とわたり逢って置く気になりました。
「驚いたね、あんな野郎は滅多にありませんね、曾我兄弟ほど敵をつけ狙つたのは兎も角、あのポチヤポチヤした娘にれて、刷毛序はけついでに五人も殺したのはひどいぢやありませんか、女房の腹の中の子まで勘定すると六人だ」
下って「ニグロ型」「食人種型」「擬人猿類型」、就中なかんずく狒狒ひひ型」「猩猩しょうじょう型」なぞいうものがありますが、もうこの辺になると、のんだくれの異名か好色漢の綽名あだなか、又は進化論者が人類侮辱の刷毛序はけついでにつけた醜名しこなか、その辺のところがはっきりしません。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)