“刷毛目”の読み方と例文
読み方割合
はけめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白絵、刷毛目、櫛描、指描、流釉天目、柿釉、飴釉、黄釉、緑釉等々々。作る品は実用品ばかりである。
日田の皿山 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
初夏の日が庭の苔に落ち、刷毛目ついた羽目の白壁を照すのを眺めつつ、彼らはしゃべった。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
さてこの埴輪はどういふかといひますと、刷毛目のはひつた赤色素燒きでありまして、人間はたいてい二三尺くらゐのさで、男子もあり婦人もあります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)