“刷毛先”の読み方と例文
読み方割合
はけさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暖簾にうずくまって、刷毛先を、ちょいとえたまま、ぺこりとをさげたのは、女房のおこのではなくて、男衆七だった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
青い空の静まり返った、上皮に白い薄雲が刷毛先でかき払ったあとのように、かいに長く浮いている。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
実際往来を一つててゐる掘割の明るい水の上から、時たま此処に流れて来るそよ風も、微醺を帯びた二人の男には、刷毛先を少し左へ曲げた水髪のを吹かれる度に
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)