“狒狒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひひ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狒狒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
朝になっての壮い木客は、谷の前方の声のしていた方へ往ってみた。そこに杉の大木があって、その根元に大きな狒狒ひひが口から血を吐いて死んでいた。
死んでいた狒狒 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この市につどうもの、すべて、むさぼりくらうこと豚のごとく、さかんなること狒狒ひひのごとく、およそわれに益するところあらむと願望するの情、この市に住むものたちより強きはない。