“金殿玉楼”の読み方と例文
読み方割合
きんでんぎょくろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金殿玉楼その影を緑波に流す処春風柳絮は雪と飛び黄葉秋風菲々として舞うさまを想見ればら青貝の屏風七宝の古陶器を見る如き色彩の眩惑を覚ゆる。
ソロモン王の如きも女子をめているけれども、彼は世にソロモンの栄華の称ある如く、金殿玉楼酒池肉林におよそ人間として望み得らるべき物欲の限を満足せしめ
現代の婦人に告ぐ (新字新仮名) / 大隈重信(著)
金殿玉楼の栄華が楽しいか、土を巣にして、魔魅跳梁の世渡りが楽しいか、おれたちは、楽しみ競べをしてみる気なんだ。そこで、仕事の重宝に、てめえぐらいな童がひとり要り用なんだ。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)