現代の婦人に告ぐげんだいのふじんにつぐ
吾人はその天上より落下する隕石の如く、独り忽然としてこの地上に現出したものではない。吾人の前にも無限の連絡あれば、吾人の後ろにも無限の連絡がある。吾人の吐く息、吸う息は、直ちにこの渾円球を包む大気と連絡して、それと一体を為すものであるが如く …
作品に特徴的な語句
やぶ よそ すく しも かたわ つまび うる りき 喧嘩げんか あなが 盤渦ばんか ただ 自儘じじん いやし かみ おわ 何処いずこ 六ヶむつか なか いと いにしえ 国替くにが 如何いかん そん おもむろ いたずら いま かか 此様こんな 生児せいじ 相半あいなか むつま ひそか あた 襁褓おしめ 請合うけあい かた どり あずか 亢進こうしん 何処どこ 何時いつ 余弊よへい あなど 倍蓰ばいし わず まぬか 六経りくけい 其処そこ そな 兼併けんぺい 冷静れいせい 凌夷りょうい 初程しょてい 到底とうてい いたわ 勃々ぼつぼつ つと なか 勿論もちろん 匍匐ほふく 印度インド かえ 参酌さんしゃく 各々おのおの 吾人ごじん 呪咀じゅそ 呵責かしゃく 喃々なんなん 基督キリスト たま ほか 天稟てんぴん 女色じょしょく 如々にょにょ 如上じょじょう 如何いか 嬰孩えいがい 孔子こうし よろ なだ 寂寥せきりょう つく 屏障へいしょう ちまた 幾多いくた