“六経”の読み方と例文
読み方割合
りくけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そ学問の道は、六経を治め聖人の道を身に行ふを主とする事は勿論なり。六経を読みめむとするには必ず其一言一句をもに研究せざるべからず。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
なるかなこの子、七書をして六経と光を争わしめんとすと。これ松陰が十一歳の頃、長門侯毛利慶親の前に、『武教全書』を進講したるに際し、侯が嘆賞せし語にあらずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
六経は我が心の註脚なりというが如き高き見地を占めて、仔細に古来の思想に注意し、批評し、改定せなければならぬ。これは我輩の常に機会あるに、諸所の学校に於て学生等に語るところなのだ。
現代の婦人に告ぐ (新字新仮名) / 大隈重信(著)