“おこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オコ
語句割合
32.5%
21.3%
12.7%
9.4%
烏滸5.7%
5.0%
4.0%
1.7%
0.9%
0.7%
忿0.7%
0.5%
0.5%
0.4%
嗚呼0.4%
0.3%
0.2%
御子0.2%
御越0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
叩起0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
提起0.1%
烏許0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
興隆0.1%
起因0.1%
0.1%
開墾0.1%
鳴滸0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあそうらないで、連れていって下さいよ、僕は新聞記者の佐々砲弾てぇんです。僕一人ぐらい、なんでもないじゃないですか」
月世界探険記 (新字新仮名) / 海野十三(著)
僕はおかあさんをそうかとちょっと思いましたが、おかあさんが「お前さんお寝ぼけね、ここにちゃあんとあるじゃありませんか」
僕の帽子のお話 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
父はツてゐる、母夫人は冷淡だ。周三は何處にも取ツて付端が無いので、眞個家庭を離れて了ツて、獨其のに立籠ツて頑張ツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
で、初めにこれを記した時には、非常に数が多く、数十百篇に及んだ。が、漢がった時にはこれらは失われ亡んでいた。しかるに
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
書についての私の経歴というようなものを、烏滸がましいのでありますが、一つの挿話としてお聞きをねがいたいのであります。
能書を語る (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
その顫音が集って、仄暗い家の中の空気に頼り無い寂寥を満す時、彼女はむやみと火鉢の炭を足して、軽く頬がるまでに火をした。
湖水と彼等 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
少なくとも仏教の根本目的は「我等と衆生と、皆共に仏道をぜん」ということです。「同じく菩提心をして、浄土へ往生せん」
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
「不意にお呼止めしたのをりもなさらないで、よく来て下さいました。ほんとうにいつか又お目にかかりたいものですね」
流転 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
子、魯の大師にげて曰く、楽は其れ知るべきなり。始めてすとき翕如たり。之をてば純如たり。皦如たり。繹如たり。以て成ると。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
重候へ共茲ぞ恩の報じと存じ夜の目も眠ず賃苧をうみて看病たりなく致せし事は家主始同長屋の者をお尋ありても相知申すべく候難儀の暮を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それはよかったけれど、お酒飲みだすと、あの人の態度何だか気障っぽくて、私忿って廊下へ飛び出しちゃったものなの。そうなると、私後ろを振り返らない女よ。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
拾つたドレ/\見せねへと取上見れば富右衞門の方へ平兵衞より送りし手紙なるゆゑ重四郎惡心し三五郎に向ひなんと此煙草入を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
子路聞けることありて、いまだなうわざるときは、唯聞くあらんことを恐る。(一四)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
金は何としてす、三之助を貰ひにやろかとあれば、ほんにそれで御座んす、常日さへあるに大晦日といふては私の身にはあるまじ、道の遠きに可憐さうなれど三ちやんを頼みます
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
これ仁者の言、いわゆるその君をして堯舜になす者なり、嗚呼なる所為なれど童蒙のために註しつ(以上馬琴の説)。
棋盤の上での戯れによく使われるが、りはやはり兵学上の語だろうと思う。聖賢の語は、こう率直でない。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし、ノメシ棒やチョガシも、なんだか変だから、これからはさきの尖った朸だけを、サスということにするのは便利かもしれない。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
花の中に、母君の胸がぐ。おお、最惜しの御子に、乳飲まそうと思召すか。それとも、私が挙動に、心騒ぎのせらるるか。客僧方には見えまいが、の底にむものは、昼も星の光を仰ぐ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「はい、二十八丁と申します。旦那湯治御越しで……」
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
り、
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
女「そうだねえ、まア火をしてお呉れ……消炭を下へ入れて堅い炭を上へ入れるのだよ、あら、鍋が空じゃアないか、湯を入れて掛けるのだアね、旨くやんねえよ」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
女「おい、お前が何も塩梅しなくってもい、うバタ/\七輪の下をがないでも宜いよ、お前のは他見ばかりして居るから、上の方で灰ばかり立って火がりゃアしない」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
マーキュ 此方からさねば、其方では機會出來ぬと被言るか?
チッバ 機會さへしゃらば、何時でも敵手になりさう。
成程一命にわるような大した事ではないが、併し其大した事でない用が間断なく有る。まず朝は下女と殆ど同時にされて、雨戸を明けさせられる。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
私は生来の朝寝坊だから、毎朝二度三度されても、中々起きない。優しくしていては際限がないので、母が最終には夜着をぐ。これで流石の朝寝坊も不承々々に床を離れるが、しかし大不平だ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
彼の西乃入の牧場をれ廻つて、丑松の父を突殺した程の悪牛では有るが、うしたい臨終の光景は、又た人々に哀憐の情をさせた。叔父も、丑松もすくなからず胸を打たれたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
それより悔改をなし、贖罪符をうけて僧院を去れるも、帰途船中黒奴はゴアにて死し、嬰児はすぐせと名付けて降矢木の家をしぬ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「なんの。きまって長どんを叩起しますのさ。」味噌松は他意なく続ける。
新大橋を過ぐる折から雨またばら/\と降り来。されど舟子の少しも心にかけぬさまなるに我等も驚かで、火をし湯をらしなどす。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
お麻さん夫婦の浜町の家に特記してよいのは、小山内氏のために潮文閣をして第一期『新思潮』を出したことである。
彼等は皆過去の十一箇月をに送りて、一秒のの積める弐千余円の大金を何処にか振落し、後悔のに立ちて今更に血眼き、草を分け、瓦をしても、その行方を尋ねんと為るにあらざるなし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
人間の威張臭る此娑婆では泣く子と地頭で仕方が無いが、天国に生れたなら一つ対手取つて訴訟を提起してやる覚悟だ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
然るに私が斯んな問題に就いて此處で述べると云ふのは誠に無謀であつて烏許がましいやうに自分でも思ひます。
仮名遣意見 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
青い火さきが、堅炭をんで、真赤にって、窓にみ入る山颪はさっとえる。三階にこの火の勢いは、大地震のあとでは、ちと申すのもりあるばかりである。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
片隅焜炉で火をして、おを適度に温め、すぐれるよう膳をべて帰って行く。
渾沌未分 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
関白の説明汝に聞こうか! 地下侍の分際で、がましいことは云わぬがよい。ここに居られるのは殿下の寵臣、不破小四郎行春様だ。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
どうも私はりっぽくていけないからとて、その感情の根を押し潰し、また私は欲望が多過ぎて苦しいからとて、その根を断ち、また私は子供らしくて困るからと、その根を刈ります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
はなれて見るとやたらに土がなつかしく、晴れた青空を見ては春しを思ひ、耕作がおくれるといふ考へに心を灼いた。
一過程 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
内典興隆さむとふ。方将寺刹を建てむときに、めて舎利を求めき、時に、汝が祖父司馬達等便ち舎利をりき。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
四川の名は、それに起因る。河川流域の盆地は、米、麦、桐油、木材などの天産豊かであり、気候温暖、人種は漢代初期からすでに多くの漢民族が入って、いわゆる巴蜀文化の殷賑を招来していた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
差て行にける神ならぬ身の此方には災禍り來て無き名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
陸稻らしい出來るもんだわ、にやけねえが、そんでも開墾したばかしにやねえから手間らねえしな、それに肥料つちやなんぼもしねえんだから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
これは私が福沢先生の友人とし——友人といえば少しく鳴滸がましいようでありますが、最も畏敬するところの先輩とし、ほとんど三十五年間の深い交わりのあった関係からして