“陸稻”の読み方と例文
新字:陸稲
読み方割合
をかぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しほと麥は刈られぬ。刈麥の穗麥は伏せて、畝竝にさららと置きぬ。麥刈ればぐさみどり、にすでに伸びつる陸稻ならしも。
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
陸稻ともはんねえもんだな、以前つて時世ぢやさうだからこんで場所によつちや、百姓にもたえしたびがあるのよなあ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
陸稻畔道を、ごほんごほんと咳入りながら、はどこへゆくのでせう。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)