“棋盤”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きばん50.0%
ごばん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“棋盤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
などといわれるあのことばなのである。棋盤きばんの上での戯れによく使われるが、おこりはやはり兵学上の語だろうと思う。聖賢の語は、こう率直でない。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あたかも兵法の妙手が、ここの一天地を棋盤きばんとして、大展陣を試みたかのようである。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一番盛んに見える、この座敷の一群は、真中に据えた棋盤ごばんの周囲に形づくられている。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
男は独り棋盤ごばんに向ひて
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)