青年せいねん
小泉純一は芝日蔭町の宿屋を出て、東京方眼図を片手に人にうるさく問うて、新橋停留場から上野行の電車に乗った。目まぐろしい須田町の乗換も無事に済んだ。さて本郷三丁目で電車を降りて、追分から高等学校に附いて …
作品に特徴的な語句
稍々やや 愚弄ぐろう 覿面てきめん 俳諧はいかい 牡蠣かき どんぶり あと 石燈籠いしどうろう 錦絵にしきえ 飛白かすり 櫛巻くしまき 小倉こくら 混沌こんとん 緋縮緬ひぢりめん 伽話とぎばなし 無碍むげ 蜜蜂みつばち 混淆こんこう 為方しかた さかい 洗濯せんだく 生木なまき 藍色あいいろ 追分おいわけ 胡座あぐら 緑青ろくしょう 彗星すいせい そら 抹殺まっさつ そり 煩瑣はんさ 毀誉褒貶きよほうへん 島田髷しまだまげ 衣桁いこう 跳梁ちょうりょう 咳払せきばらい おか 硝子窓ガラスまど 厭世えんせい 書肆しょし 海嘯つなみ 田圃道たんぼみち 常磐木ときわぎ 怯懦きょうだ 齷齪あくそく 仮初かりそめ 情誼じょうぎ 湮滅いんめつ 爪尖つまさき 看做みな 身顫みぶるい 顫動せんどう 一廉ひとかど 名告なの 夢現ゆめうつつ つと 木魚もくぎょ 畏怖いふ 畸形きけい えり 幾重いくえ 神保町じんぼうちょう しお かがり 容喙ようかい 薬鑵やかん 山茶花さざんか 柴折戸しおりど 遵奉じゅんぽう やく 足跡そくせき 烟草たばこ すし 声高こわだか ごみ 譬喩ひゆ 一群ひとむれ 科白かはく いただき 隠蔽いんぺい 継子ままこ まぐろ かえ 煮染にしめ 生地きじ 矢絣やがすり 緋鹿子ひがのこ 蔓延まんえん 薄紅うすくれない 寝惚ねぼ 夜明よあけ 目蓋めおお 苦艱くげん 都鄙とひ はり 鰐口わにぐち じょ 一声いっせい 日暮里にっぽり
題名が同じ作品
青年 (新字旧仮名)北条民雄 (著)