青年せいねん
小泉純一は芝日蔭町の宿屋を出て、東京方眼図を片手に人にうるさく問うて、新橋停留場から上野行の電車に乗った。目まぐろしい須田町の乗換も無事に済んだ。さて本郷三丁目で電車を降りて、追分から高等学校に附いて右に曲がって、根津権現の表坂上にある袖浦 …
作品に特徴的な語句
かたん 佇立ちょりゅう きわめ しゅう おっし まじわり すこし かく 諾威ノオルウェイ じき 祖母 そら つくば むかし もと うが ちょう あぶり じじ いそがわ ちい つな いましめ はな うすぎぬ かい 可哀かわゆ ひらめき あじわい いだ ことさ 昼食ひるしょく たたかい うず 見下みく 退しりぞ あきら ぬく 音信おとず とおり むこ テエブル 面紗めんしゃ なわ いさぎよし ひよこ わらい さす もと いで 古金ふるかね ごく とど わが あたたか るい 煖炉ストオブ かさ はれ まば 例之たとえ むな ゆる すこ せい 十九じゅうく おおき つつみ 羞明しゅうめい はじ たくましゅ ばく ほど まがい あざけり えい まけ 土埃ほこり 喇叭ラッパ 小川こがわ せりふ 拡張こうちょう あわれ 声音せいおん そよ
題名が同じ作品
青年 (新字旧仮名)北条民雄 (著)