“おく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オク
語句割合
27.4%
16.1%
15.3%
8.4%
5.9%
4.3%
3.7%
2.8%
2.1%
夫人1.4%
1.3%
1.0%
0.9%
0.9%
奥方0.8%
0.8%
0.6%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
邑久0.3%
御呉0.3%
見送0.3%
0.2%
奥所0.2%
御奥0.2%
秘密0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
奥州0.1%
寄贈0.1%
尾久0.1%
0.1%
後遅0.1%
晩稻0.1%
0.1%
気臆0.1%
0.1%
0.1%
祕密0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
遅疑0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は黙ってあるきながら横眼に覗くと、娘の島田はむごたらしいように崩れかかって、そのれ毛が蒼白い頬の上にふるえていた。
半七捕物帳:16 津の国屋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
アルゼリヤでブリダアといふ市府ても怠惰ることがき、道樂をしてることが好きといふ次第である。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
そして、その郡の大領(郡長)のさんであった。あるとき、主人の郡長のために、の布を織って、それを着物に仕立てて着せた。
大力物語 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
また勢いがいいのでとうとうしてしまって一郎も嘉助も口の中でお早うというかわりに、もにゃもにゃっと言ってしまったのでした。
風の又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
さんのにはもうとなくりがなかつた。そして、そのままひざに視線すと、ひ出したやうにまたかしめた。
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
お婆さんがこの部屋までくるのには、なんどもなんども、ちょっとしたをしたり、言葉をつくしてみこんだりしたのでした。
すると、ほかのものもしくまって、みんなかられがちになって、とぼとぼといていた年寄りをつのでありました。
春になる前夜 (新字新仮名) / 小川未明(著)
とは云っても覚えが有るものでございますから、其所は相手が女ながらも心にれが来て段々後へ下る。すると段々見物の人がって
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
の周囲を半ぶんほど巡って行くと、二つの建物をつないでいる高廊下が見え、そこの中坪らしい辺りで、ふと妻戸を開ける音がした。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
近衛さんは夫人さま同伴で広島へ慰問に行くという見せかけで、高崎の飛行場から旅客機に乗り、そのまま一気にモスクワまで飛ぶつもりだった。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そも/\天上のたるや、斬るに當りてがずれじ、たゞ望みつゝまたは恐れつゝそを待つ者にかゝる事ありと見ゆるのみ 一六—一八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
其の為めに女房をも貰ひれてしまつて今では毎日工場へ出て働くよりに仕方のない男だつた。別に楽しみもなかつた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
それのみか然様いう恐ろしいところではあるが、しかし沈香を産するの地に流された因縁で、天香伝一篇を著わして、を後人にった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
李が別に臨んで、衣食に窮せぬだけの財をったので、玄機は安んじて観内で暮らすことが出来た。趙が道書を授けると、玄機は喜んでこれを読んだ。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
奥方っ。奥方っ」と徐寧は俄かに妻を呼んで——「いま隆さんから聞くと、かくかくの次第だ。すぐ旅仕度をそろえてくれ。隆さんも一しょに行ってくれるだろうな」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さきにいはれしごとく二人勇士りて己が新婦け給へり、かれらのとにより迷へる人々道に歸りき 四三—四五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
して女がの十三日に百兩の金を貰ひて種々品物を求めたりと申すではないか其の百兩の金子は如何して所持せしや主人の金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
先達先祖計算をして、四十代前先祖が、一九百九十五二千一百六十二五千七百七十六だといふ莫大數字發表したには
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
卑しい俳優と、さげすまれてはいるものの、魂では、いかなるもののふにも、れは取らじと思うているわたし、いつ逢うても、汚らわしいことばかり口にするそなたの言葉を聴いて
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
古ギリシアのゼウス神幼時乳育されたアマルティアてふ山羊の角を折ってメリッセウスの娘どもにり、望みの品は何でもその角中に満つべき力をけた(スミス『希臘羅馬人伝神誌名彙』巻一)
また西北原及び北原からインドへり出す羊毛及びヤクの尾等は皆此市へ持って来まして、単に此市継場としてパーリーの方へり出すものもあれば
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
と勢い烈しくいましたから、丹三はこれにしてると、おえいは嫁入姿の儘で駆出し、可愛い丹三さんに怪我をさせてはならないと思い
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
れを取るのは知れているので、気負う精神を押し沈め、谷を睨んで突っ立った。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かかる名蹟を畑として米の四、五俵得たりとて何の穫利ぞ。木戸銭取って見世物にしても、そんな口銭は上がるなり。また備前国邑久郡朝日村の飯盛神社は、旧藩主の崇敬厚かりし大なる塚を祭る。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
アルマンが「何か本でも読みませうか」と云ふと「いや、書物はよしませう。其れよりカトリヌにひつけて、あの幾つかの箱からわたしの衣類を出して其処等へべて御呉れ」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
無限感慨で、えなくなるまで、いっしょに、その見送っていたのであります。
眼鏡 (新字新仮名) / 小川未明(著)
康子薬をる。拝して之を受けしも、丘未だらずといいて、敢えてめたまわず。(郷党、三)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
奥所——」妻をよんで
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから「御奥さんは」とねた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今日此頃全盛父母への孝養うらやましく、おの、いのらいのらねば、まちふるなき格子呪文れの背中手加减秘密まで、おもしろくなされて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
□三月上巳の節句とて往来し、艾糕を作てる、石竹・薔薇罌粟に花咲く、紫蘇生じ、麦始て見ゆ。
白糸はれをき上げて、いくぶんの赧羞しさを紛らわさんとせり。馭者は月に向かえる美人の姿の輝くばかりなるを打ちりつつ、固唾みてその語るを待てり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しみじみと身に染みるもの、油、香水、痒ゆきところに手のとどく人が梳櫛。こぼれ落ちるものは頭垢と涙。湧きいづるものは、泉、乳、虱、接吻のあとのび、紅き薔薇の虫、白蟻。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
顎十郎はびをしながら
顎十郎捕物帳:07 紙凧 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
王は庚娘をれて自分の家へ帰って、へ入って母親に逢った。母親は王の細君がの女でないのを不審がった。王はいった。
庚娘 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
の時は手前のためにの皮を現わされ、立端を失ったから、悪事を止めて辛抱するとは云ったが、実は手前を遺恨に思って附けていたのだが、忙がしい身の上だから奥州小隠れをしていた所が
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
十分にされていて袴着の贈り物などここから持たせてやる必要は何もなさそうに思われたので、姫君づきの女房たちに、乳母をはじめ新しい一重ねずつの華美な衣裳を寄贈るだけのことにした。
源氏物語:19 薄雲 (新字新仮名) / 紫式部(著)
それは尾久あたりでもあったろうか、のんどりした暗碧なその水のにはまだ真珠色の空の光がほのかに差していて、静かにいでゆくしい舟の影が一つ二つみえた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
陽貨、孔子を見んと欲す。孔子えず。孔子にる。孔子其の亡きを時として、往きて之を拝す。に遇う。孔子に謂いて曰く、来れ、と言わんと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
だから、私たちが城塞の下についたころには、私たち二人をいたあとの一行全部は、後遅れてしまったのであった。
暗号音盤事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
杉山のせまきはざまの晩稻刈ると夕をはやみ冷たかるらむ
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さうして扇屋の前を通つたことなどはびにも出さず、縫物の殘りの袖をつけてしまつて其夜は自分の部屋に引込んで机の前に坐つて讀書をした。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
会いたくないのか、そんな筈はない、突然なので気臆れがしたのかも知れぬ、ありそうなことだ、だが自分はどうだ。
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
いやもっと、深い、松本から七里もへ入った、飛騨の山中——心細い処で……それでも小学校もありゃ、郵便局もありましたっけが、それなんぞも焼けていたんでございましてね。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に入り行く小舟ありき
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
まち人戀ふる鼠なき格子の咒文、別れの背中に手加減の祕密まで、唯おもしろく聞なされて、廓ことばを町にいふまで去りとは恥かしからず思へるも哀なり、年はやう/\數への十四
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
国の徳衰えきて、内憂外患こも/″\り、滅亡にとする世には、崩じてられざるのおわすもあれど、明のの後二百五十年も続きて、時太祖の盛徳偉業、炎々の威を揚げ
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そのものゝ父はかの笑はしめしものを公に訟へければ、一座に連りしものより金をめてり、某甲を葬りて、事解けぬとなむ。(新古文林 第一巻第五号 明治三十八年八月)
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
この稿は彼が米艦にじて去らんとするに際し、これを高原君にりて紀念となしたるものなりという。松陰が横井小楠翁に送りたるは、横井時雄氏の所蔵に拠る。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
と云うのは自殺した運河会社社長の従弟であるジェルミノーさんが肺病で死ぬる間際に、警視総監に手紙をって、実はあの連判状は自分のの金庫内に保管してあるから
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
生血をしぼりたるひか、五十にもらで急病腦充血、一此世めて、よしや葬儀造花派手美事りはするとも
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
新九郎は、途中でふと千浪ではないかしらと遅疑したが、音無瀬川へ出た時、川面の水明りでいよいよ彼女に間違いないことを知った。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
離室の書院のに読める雄揮な文字を指差して娘は、わらひ
繰舟で往く家 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)