“沈香”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんこう56.0%
ぢんかう32.0%
ちんこう8.0%
ちんかう4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
沈香麝香人参金箔などの仕入、遠国から来る薬の注文、小包の発送、その他達雄が監督すべきことは数々あった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
祖母が沈香をもつてゐたのと、をやけどしたりすると、チチンカンプンと口で吹きながらいつたのとを、ごつちやにして、なんでも
お灸 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
「それは旦那のでございます。白檀とか沈香とかの入った、長い長いカンカンの線香がお好きで、半っていると御自慢にしていました」
「最初は結構な煙草かと思ひました、——恥かし乍ら、伽羅や沈香といふものを、嗅いだことも無い私で、あれが伽羅と判るまでに、飛んだ苦勞をしましたよ」