新潮記しんちょうき
嘉永五年五月はじめの或る日、駿河のくに富士郡大宮村にある浅間神社の社前から、二人の旅装の青年が富士の登山口へと向っていった。参道を掃いていた宮守の老人がそれをみつけて、「もしもし」と呼び止めた。 「あなた方はお山へお登りかな」 「ああそうで …
作品に特徴的な語句
わか がん じか ぺう ごとごと あら おわ とも どま 何処いづく おどし はにか たかぶ たばか かわ おおゆみ ごい そう とどけ 茅屋ばうをく こた しま じょう くつが さと おとな ぎょ くびす 如何いかが はじ かたじけ 洒落しゃ ひろ 気臆おく 歌妓かぎ おぼ 美味おい さか ただ 贔屓びいき 嘲笑ちょうしょう つか かつ 跪座きざ おど しゃが はさ がまち ぜみ 梯子ばしご おれ くち かな つき 穿うが うな かわず つか かげ ひるが 老耄ろうもう 胡座こざ たず 惘然もうぜん 馬喰ばくろ 饒舌じょうぜつ ころ かたち 猪口ちょこ おび 如何いかん ひる だね 直截ちょくさい つら なげう ふる すすき すなは いと きざ むら ほしいい 鴉片アヘン こぼ