“今日此頃”の読み方と例文
読み方割合
けふこのごろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
打つて變りし瀧口が今日此頃の有樣に、あれ見よ、當世嫌ひの武骨者も一度は折らねばならぬ我慢なるに、笑止や日頃吾等を尻目に懸けて輕薄武士と言はぬ計りの顏
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
今日此頃全盛父母への孝養うらやましく、おの、いのらいのらねば、まちふるなき格子呪文れの背中手加减秘密まで、おもしろくなされて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
のよれるやうな可笑しきをば眞面目りてしやりしなれども、今日此頃のおるさ、くいほどお利口ばかりおして、のやうな世間見ずをばんでめて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)