“今日様”の読み方と例文
読み方割合
こんにちさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう考えて、お前さんをほっといちゃあ今日様にすまないのさ、これから力になったりなられたり、なんてわけでね。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
いったん古賀さんへ嫁に行くてて承知をしときながら、今さら学士さんがおたけれ、その方にえよてて、それじゃ今日様へ済むまいがなもし、あなた
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今日様を生きるにゃあ学ほど大切なものはねえ、あっしもせめては発動機の運転手になりてえもんだと、そうっ——と、都合十六ぺんがとこは試験を受けやしたが
白い壁 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)