“今日迄”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こんにちまで85.7%
けふまで14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“今日迄”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其時丑松は膳に向ひ乍ら、かくも斯うして生きながらへ来た今日迄こんにちまでを不思議に難有ありがたく考へた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
去ればこそ今日迄こんにちまで西洋人の作った作物を西洋人が評する場合に、便宜に応じて沢山たくさんな名をつけている。
高浜虚子著『鶏頭』序 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今日迄けふまでふうじをかざりしはれながら心強こゝろづよしとほこりたるあさはかさよ、むねのなやみにのおそろしく
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)