“今日明日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうあす71.4%
けふあす28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日明日とみっちり刈れば明後日は早じまいの刈り上げになる。刈り上げの祝いは何がよかろ、省作お前は無論餅だなア」
隣の嫁 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
私は今年三十九になる。人世五十が通相場なら、まだ今日明日穴へ入ろうとも思わぬが、しかし未来は長いようでも短いものだ。過去って了えば実に呆気ない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「何ですか、まだいろ/\足りないものがございますが、今日明日だけ無くても我慢が出來ますものは、そのうち宅からすつかり持つてまゐりますでございます。」
赤い鳥 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
てに性急小六は、めば今日明日にもくものと、んでゐたのに、何日迄かないのみか、まだ先方出掛けてもれないので、大分不平になつたのである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)