隣の嫁となりのよめ
「満蔵満蔵、省作省作、そとはまっぴかりだよ。さあさあ起きるだ起きるだ。向こうや隣でや、もう一仕事したころだわ。こん天気のえいのん朝寝していてどうするだい。省作省作、さあさあ」 表座敷の雨戸をがらがらあけながら、例のむずかしやの姉がどなるので …
作品に特徴的な語句
いけ 女郎めろ 何事なにごっ こぼ かお 女房にょうぼ 往復ゆきき だみ こご せい まん くれない 風気かぜけ 一物いちぶつ 各自てんで ひん 嘲笑ちょうしょう じつ けえ ひさし ろう 怜悧りこう あわれ ねんごろ 戯言じょうだん とこ まさ 晴々せいせい 某家なにがしけ くろ まこと わざわ 肩肘かたひじ ごと つら ふう 一斉いっせい 一時いっとき 下女げじょ 不埒ふらち 中伏ちゅうぶし 中古ちゅうぶる 了簡りょうけん 今朝けさ 冬青もち たす 半襟はんえり 博打ばくち おのおの 呼吸いき 喃々なんなん のど とら ぼう 声高こわだか 大話おおばなし 天秤てんびん 媒妁なこうど かかあ 定公さだこう うち いたず 性根しょうね 悠長ゆうちょう はばか 懐手ふところで 成東なるとう 手前てめえ 扶持ふち ちょう 早々そうそう 昨日きのう 晩稲おくて 朝前あさめえ 木偶でく 朱色しゅいろ はた 水門みなと 汚行おこう 津辺つべ 湯端ゆぶち 湿しめ 満蔵まんぞう すす つばめ 牝鶏めんどり ねこ 生娘きむすめ 田畝たんぼ 男子おとこ きず