“某家”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なにがし33.3%
なにがしけ33.3%
ぼうけ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その祭典の趣意はその神々に対していいますには「今度某家なにがしの娘が某方へ嫁入を致します。ついては村の神様ならびに家の神々、どうかこの娘にお暇をつかわし下さるよう、この娘を余所よそに遣ったということをお怒りなされて害を与えられぬように願います。その代りにお経を読み供養をして今日お暇を貰うところの慰みを申しあげます」という次第で
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
隣村某家なにがしけへ婿養子になることにほぼまったのである。
隣の嫁 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
『ひどいうじだなア。』と、一ばんちかつた某家ぼうけ武士ぶしそばからでも、死體したいまではまだ一間半けんはんばかりの距離きよりがあつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)