“冬青”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もち78.6%
もちのき14.3%
そよぎ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう云う蟻には石燈籠の下や冬青の木の根もとにも出合った覚えはない。しかし父はどう云うか、全然この差別を無視している。……
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
戸村家の墓地は冬青四五本を中心として六坪許りを区別けしてある。そのほどよい所の新墓が民子が永久住家であった。
野菊の墓 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
朝に晩に彼のたたずみながめた神社の回廊の前には石燈籠の立つ斎庭がひらけ、よく行った神門のそばには冬青の赤い実をたれたのが目についたが、薄暗い過去はまだそんなところにも残って
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)