野菊の墓のぎくのはか
後の月という時分が来ると、どうも思わずには居られない。幼い訣とは思うが何分にも忘れることが出来ない。もはや十年余も過去った昔のことであるから、細かい事実は多くは覚えて居ないけれど、心持だけは今なお昨日 …
作品に特徴的な語句
次手ついで 活々いきいき 裸足はだし 幾個いくつ 従妹いとこ 天秤てんびん もみ 半襟はんえり 疳癪かんしゃく みどり 咳払せきばらい 翻弄ほんろう 麦藁帽むぎわらぼう 両人ふたり 木目もくめ 宵闇よいやみ 紫苑しおん 七日なぬか 落葉くず 紅絹もみ 竜胆りんどう 各々めいめい 取敢とりあえ 瞽女ごぜ 小面こづら 萌芽めざし 目敏めざと 一人前いちにんまえ 住家すみか 野葡萄えびづる 祭文さいもん 仇討あだうち 何所いずこ 媒妁人なこうど 春蘭しゅんらん かまど 四人よつたり かさ 泣面なきつら 降口おりくち 病褥びょうじょく 明朝あした 晩稲おくて 末枯うらが 香花こうげ あかぎれ 六月むつき 相対あいたい 煤色すすいろ 友禅縮緬ゆうぜんちりめん 再度ふたたび 冬青もちのき 同志どうし わた 愍然あわれ 嫉妬心しっとしん 傾斜こうばい 吾子わがこ 無上むしょう 天竺牡丹てんじくぼたん 一盃いっぱい 顫声ふるえごえ 私心わたくしごころ 雑巾掛ぞうきんがけ 高峯たかね 新墓にいはか 六個むっつ 情心なさけごころ 拠処よんどころ 朝炊あさだ 考事かんがえごと 聞人ききて 言渡いいわたし 釘隠くぎかくし 諷示ふうじ 手指てさし 越石こしこく