野菊の墓のぎくのはか
後の月という時分が来ると、どうも思わずには居られない。幼い訣とは思うが何分にも忘れることが出来ない。もはや十年余も過去った昔のことであるから、細かい事実は多くは覚えて居ないけれど、心持だけは今なお昨日の如く、その時の事を考えてると、全く当時 …
作品に特徴的な語句
なか たま ほんと かむ つくば さが じゅう 永久とわ 聞人ききて 落葉くず ただち のば この たち 萌芽めざし おろそ 愍然あわれ ほん はず 傾斜こうばい いで おろか ひと しん 頬冠ほおかむり 六個むっつ ぐら こと きわ はた 如何いかが 諷示ふうじ 洒落しゃ のど 嗚咽むせ やせ 新墓にいはか おそ ねんごろ ほうむ たしか すすき たきぎ はず 朝炊あさだ たちまち のち 末枯うらが それがし かさ しま もっぱら きま じつ ずつ ねえ 気質きだて 私心わたくしごころ 何所いずこ あんま まこと はなはだ がん わき わずか 甲斐がい ひま 無上むしょう 再度ふたたび 冬青もちのき なか かつ 釘隠くぎかくし かつ わたし 各々めいめい 一日ひとひ 吾子わがこ あかぎれ 咳払せきばらい おっ 取敢とりあえ 一言いちごん むご いささ 股引ももひき うらや あわせ