“のこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ノコ
語句割合
40.8%
39.5%
11.4%
2.6%
2.3%
1.3%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
残余0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今の日本の有様では君の思って居る様な美術的の建築をして後代にすなどと云うことはも不可能な話だ、それよりも文学をやれ
落第 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しろ西からない原中の一軒家一人ぼっちとりされたのですから、心細さも心細いし、だんだん心配になってきました。
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
えゝも、乳母めは跛足ぢゃ! 使者には思念をこそ、思念遠山蔭追退ける旭光さよりも十いといふ。
りっぱにお役に立てまする——立派だとも——をふりあげたり、の目を立てたりすることよりは、必ず手際よくやるわい
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
是はに錦橋等の事を説いて、未解決の問題をして置いたので、新に得た材料に由つてこれが解決を試ようとしたためである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
余「何うも私には爾まで明白に解釈する事が出来ません」秀子「では私が此の家にって居る記録や古来人の口に存って居る所などを ...
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
(「皇宗の後裔にし給える統治の洪範紹述するに外ならず」という一句がある。)
太子種々その身の過悪を訶責し今我血肉を以てかの餓虎を救い舎利骨のみされん、わが父母後日必ず舎利を収めて塔を建て、一切衆生の諸薬針灸癒す能わざる者来りてわが塔を至心供養せば
が、パトリツクはその時、寧ろ自ら進み寄つて、一気に、最も身軽な三段飛びで、身を翻して化物の肚の中へ飛び込んでしまつた。だから五体には化物の歯型一つらなかつた。
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
理をもて物を究めし人々この本然の自由を認めき、このゆゑに彼等徳義を世界にせるなり 六七—六九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
午前の三時から始めた煤払いは、夜の明けないうちに内所をしまい、客の帰るころから娼妓の部屋部屋をき始めて、午前の十一時には名代部屋を合わせて百幾個に蜘蛛の一線さず
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
これは恐入つたね、おはお茶人だね、あゝこれ/\の悪いに、……付肴残余つてるのをけて、おけてチヨツと会席風にして……乃公もね茶道きだからね
「曲者のしていつたと思ふ品でもなかつたのか」
に将来大障碍をさしめたり、障碍とは何ぞ、一行は巍然たる燧岳眼前にあるを以て、の尾瀬沼にらんには半日にしてれり、今夜其処にするをべしとへしに
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
ギリシャ古典のせる物語りをも
(新字新仮名) / 今野大力(著)