“原中”の読み方と例文
読み方割合
はらなか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しろ西からない原中の一軒家一人ぼっちとりされたのですから、心細さも心細いし、だんだん心配になってきました。
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
また、のうちから天気わりそうなのを気遣って、見合わせていたので、れた原中では、一人えなかったのであります。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
晃々とさしり最早夜の亥刻時分共思ふ頃原中まで來りしに最前より待設けたる雲助共松のより前後左右に破落々々れ出でヤイ/\小童子先刻松の尾の酒屋ではも/\我等を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)