“亥刻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よつ95.9%
いつつ1.6%
よつどき0.5%
いのこく0.5%
こゝのつ0.5%
むつ0.5%
よる0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「昨夜亥刻少し過ぎ(十時過ぎ)小僧の乙松離屋の前で嫁のお袖に逢つたさうですよ。月は良かつたし、間違ひはないつて言ふが」
「うるさい奴だな、兎も角、俺の言う通りにするのだ、喜八郎は亥刻前には帰る筈だが、お前はそれを待つまでもなく、寝っちまった方がいい」
考へ又元の水口より立出何喰にて我が家をて立歸りたり道庵は此日病家にて手間漸々亥刻近き頃歸り來りして四邊を見るに座敷を取しあれば不審に思ひ其
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
亥刻過ぎでございましょう、……ねえ、。」
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
七日目になア其の亥刻前じゃったか、下駄をいて墓場へき、線香を上げ、其処し、長らく血盆経を読んでしもうて、がすうと立って帰ろうとすると
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
御自分でなさいますよ、——今朝、亥刻少し過ぎ、雨戸を
フラリと平次の家へ來たのは亥刻少し過ぎ、食はず飮まずで見張つてゐてひどくれて居ります。