“亥刻近”の読み方と例文
読み方割合
よつどきちか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はず自身に申刻過より右の寺へ參る其夜亥刻近き頃り來る途中伊呂村の河原にて死人にきたれども宵闇なれば物の文色らず殊に夜陰の事故氣のまゝ早々宿へ戻りて其夜は打臥翌朝の戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)