“よる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨル
語句割合
96.5%
0.9%
0.4%
夜分0.4%
夜間0.4%
0.4%
0.2%
亥刻0.2%
夜中0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうっかりしのや、台所をあさりに出ると、やみに目がっていて、どんな目にあうかからなくなりました。
猫の草紙 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
はじめ宗房といへり、季吟翁の句集のものにも宗房とあり。延宝のすゑはじめて江戸に来り杉風が家に、(小田原町鯉屋藤左ヱ門)剃髪して素宣といへり、桃青の名なり。
養生仕方なれどとむるはらず
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
甲「此の筆なるものゝ父は長らく病中夜分もおち/\眠りもせずに看病を致して、何もも売尽し、其の日に迫って袖乞に迄出る事を支配をも致しながら知らん事は有るまい、全く存ぜずに居ったか」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
江戸の人心は恟々とした。夜間の通行が途絶え勝ちになった。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
朝になって羅は起きようとしたが、に女がこしらえてくれた着物は芭蕉のような葉であるから、とても着られないだろうと思いながら手にとって見ると、緑の錦のひどくらかなものであった。
翩翩 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
呼入今の次第和吉が來りし事よりして斷りたるは癲癇と云したる元益が所爲こと是はまた家主庄兵衞が戀慕に出で云々なりし一一什委敷るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ければ當人は申に及ばず女房お政の歡喜言ん方なく迅速に腰懸まで迎ひに來り是偏へに御奉行の明斷に所なりと白洲の方に向ひてりに伏拜し涙にたりけり時に後藤半四郎は再び大岡殿に向ひ恐れながら某し御奉行樣へ願ひ奉つり儀御座候右は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
フラリと平次の家へ來たのは亥刻少し過ぎ、食はず飮まずで見張つてゐてひどくれて居ります。
その時の高等学校の生徒は今よりもよほど殺伐で粗野でした。私の知ったものに、夜中職人と喧嘩をして、相手の頭へ下駄で傷を負わせたのがありました。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大阪博愛社の社長小橋実之助氏はべのない孤児を教育し、教養するのを自分の天職として働いてゐる人である。