猫の草紙ねこのそうし
むかし、むかし、京都の町でねずみがたいそうあばれて、困ったことがありました。台所や戸棚の食べ物を盗み出すどころか、戸障子をかじったり、たんすに穴をあけて、着物をかみさいたり、夜も昼も天井うらやお座敷の隅をかけずりまわったりして、それはひどい …
作品に特徴的な語句
ぐる たたか いきお けっ 万一まんいち たが てき なさ さいわ なに ぶし りき 一同いちどう がら じに 本堂ほんどう つま 昨晩さくばん にち ほう 町中まちじゅう 悪口わるくち ぬす きゅう のち つよ ぶえ こめ えん ばつ よめ ごし 夜逃よに わか よる くる そと ごと ぐん あたま 今日きょう なん あいだ かみ ひら くだ ふう さき ひか なか いぬ 知恵ちえ 着物きもの あつ 相談そうだん 領分りょうぶん たの 白猫しろねこ しろ かお まち もう 田舎いなか ねが けもの ねこ たけ 一人ひとり 満足まんぞく わた なが 決心けっしん くろ 毎晩まいばん 黒猫くろねこ どく とり