柳営秘録かつえ蔵りゅうえいひろくかつえぐら
天保元年正月五日、場所は浅草、日は午後、人の出盛る時刻であった。大道手品師の鬼小僧、傴僂で片眼で無類の醜男、一見すると五十歳ぐらい、その実年は二十歳なのであった。 「浅草名物鬼小僧の手品、さあさあ遠慮なく見て行ってくれ。口を開いて見るは大馬 …
作品に特徴的な語句
おじい 邂逅ぶつか かれ かわ 午後ひるさがり くたば そら さむれえ 茶室みずや 要求もと 養母かあ 一葉いちは おい あたし 将来これから さま 浅草せんそう 浮雲あぶね あた 偶然ゆくりなく 家内やうち 必要 つもり あめ 繁々しばしば 頑固かたくな 風貌かおかたち 養母おっか 黄泉あのよ 一言いちごん 健康たっしゃ 先方むこう 其方そなた 卜居ぼっきょ 周章あわて 夜間よる 夫婦めおと わたし まち 形而かたちの 時間とき とも 燈火ともしび 盃洗どんぶり 真理まこと 茫然ぼんやり わか うえ 不可いけ 不昧ふまい 主計かずえ しま ちん 仲宜なかよ 住居すまい とも そば 傴僂せむし 其方そち 其許そこもと 円管つつ 初心うぶ テーブル 参差しんし 吃驚びっくり つぶや 呼吸いき 商売あきない 基督キリスト 大頭おおあたま 女子おなご 女形おやま 安祥あんしょう 家斉いえなり 家根やね 尾張おわり つぼね 形学けいがく かえ 懐中ふところ 懐手ふところで 扁額へんがく 料物しろもの 槓桿こうかん 死姿しにすがた 気勢けはい 法衣ころも 泥濘ぬかるみ まこと くぐ 火遁かとん 猶太ユダヤ