“参差”のいろいろな読み方と例文
旧字:參差
読み方(ふりがな)割合
しんし93.8%
さんし3.1%
しんさ3.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“参差”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション4.2%
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
銅像の検閲を受ける銃剣の参差しんしのように並木のこずえり込みこまかに、やはりシルエットになって見える。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
右方にはセントアーン山高くそびえ、左方にはボウフナルト湾のきわまるところに、参差しんしとして白雪が隠見いんけんしている。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
しかし書を著すものはことさらに審美学者の所謂無秩序中の秩序を求め、参差さんし錯落の趣を成して置きながら、這般しやはんの語を以て人を欺くのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
彼は鉄鞭てつべんてて、舞立つ砂煙すなけむりの中にさきがけの花をよそほへる健児の参差しんさとして推行おしゆ後影うしろかげをば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)