“しんし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
真摯35.8%
紳士26.1%
参差11.2%
唇歯5.2%
進士4.9%
親子2.2%
晋子1.5%
眞摯1.5%
真贄1.1%
臣子1.1%
甄氏0.7%
信之0.7%
參差0.7%
心思0.4%
0.4%
進之0.4%
伸子0.4%
信士0.4%
振子0.4%
新死0.4%
新詩0.4%
晋祠0.4%
深志0.4%
深思0.4%
神使0.4%
神士0.4%
神思0.4%
親嘴0.4%
親試0.4%
辛巳0.4%
進止0.4%
震死0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今、あなたの真摯な述懐を聞く途端に、私の頭へ閃めいたものがあります。それは、きっとあなたに何らかの光明を与えると思う」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
英国の一紳士にしてながく日本に滞在し、日本の婦人を妻とせる人がすこぶる日本贔屓で、種々の著述もして日本を世界に紹介した。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
赭土の土間の上には、青痰やら、煙草の吸殻やら、魚の頭、豚の軟骨、その他雑多なものが参差落雑していて、ほとんど足の踏み場もない。
犂氏の友情 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
実に米国と日本とは商業上の関係においては唇歯相扶け、輔車相倚る好兄弟といわざるべからず。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
この日、明智の家中進士作左衛門は、一小隊の従者をつれて、せに、安土から坂本城へ引き揚げて来た。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ああ儂や親愛なる慈父母あり、人間の深情親子てて、また何かあらん。しかれどもこれ私事なり、儂一女子なりといえども公私を混同せんや。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
なぞとじたる風流の故事を思浮べたのであった。この事は晋子が俳文集『類柑子』の北の窓と題された一章に書かれてある。『類柑子』は私の愛読する書物の中の一冊である。
く、強く、眞摯にものを愛することが出來るといふのは、なんといふまあ仕合せなことでせう! それだのにあなた方は
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
見ることを得る外部は、見ることを得ざる内部を語り難し。盲目なる世眼を盲目なる儘にましめて、真贄なる霊剣を空際に撃つ雄士は、人間が感謝を払はずして恩沢をむる神の如し。
人生に相渉るとは何の謂ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
御名を足で踏むとは如何云う心得である、臣子の道はと、かしい事を並べて厳しく叱るから謝らずには居られぬ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
これにもとづいて、三重臣は、曹叡を後主と仰ぎ、また曹丕に文帝とし、先母后甄氏には、文昭皇后の称号を奉った。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此年壬戌に福山藩の小島氏で成斎知足が歿した。継嗣は第二子信之である。成斎の墓表は二あつて、一は海保漁村が撰び、一は関藤藤陰が撰んだ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
この參差錯落たる趣ありてこそ、好畫圖とはなるべきなれといふ。
心思を磨き信仰に進み、愛と善とのを為し、霊の王国に来る時は夥多の勝利の分捕物を以てわが主と我とを悦ばせよ
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
婦人のために心思を奪われ残余の生を無益の悲哀のに送るは情は情なるべけれどもこれ真正の勇気にあらず、基督教は情性を過敏ならしむるが故に悲哀を感ぜしむるまたて強し
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
しんしと聞いていい許の息子かは慌て過ぎる、大晦日に財布を落したようだ。だよ、張物に使う。……押を強く張る事経師屋以上でね。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
他事ながら、、荷高似内のする事に、挙動の似たのが、気めして、浅間しく恥しく、我身を馬鹿とって、何も知らないお京の待遇を水にした。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
北条霞亭の養嗣子進之が始て仕籍に列し、舎を福山に賜つたのも亦此年である。会々進之の妻山路氏由嘉が病んで歿した。跡には十歳の子念祖が遺つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
重文の妹天留の夫が意篤重貞、重貞の子が重固である。退、進之、悔堂と号す。霞亭北条譲の養嗣子である。蘭軒と霞亭との親善であつたことはに見えてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
極く天気のよい日が続いても、この空地は乾いたことがなく、黒い土がグショグショしてみえた。時折り、この空地にゴム長をはいた人がきて、伸子張りをはじめる。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
さもこそあらめ、淨念信士その人
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
す古き窓よりるる梭の音の、絶間なき振子の如く、日を刻むに急なる様なれど、その音はあの世の音なり。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
日向の俗信に、新死の蛇の死骸に馬糞と小便を掛けると蘇ると(『郷』四の五五五)。右リンコルンシャーの伝は欧州支那ビルマ米国に産する蛇状蜥蜴を蛇と心得て言い出したのだ。
コレハ/\よく作られたと賞揚、その新詩一律またられては、び胸に山をく、こゝはへもの、げずに遠く紙上吹聴せば、先生りながら
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
また譙郡元参軍などと、美妓を携えて晋祠などに遊んだ。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「伝吉は朋輩どもには仇あることを云わず、仇あることを知りしものにはらも仇の名など知らざるようにいしとなり。深志あるものの所作なるべし。」が、歳月はらに去り
伝吉の敵打ち (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
読む者をして百年の地上に明滅する種々雑多な人間の浮沈と文化の興亡とを、一巻に偲ばせて、深思の感慨にらしめる魅力がある。
三国志:01 序 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
神使であるぞ。ご神縛の使いであるぞ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
調べがすむと、るゝ拍手のひゞき、一貴女神士ははやピアノつて、かに其處らんとする春枝夫人取卷いて、あらゆる讃美をもつて
旦暮に死するも瞑目すと言ふべし。雨後花落ちて啼鳥を聴く。神思無何有にあるに似たり。即ちペンを走らせて「わが家の古玩」の一文をす。
わが家の古玩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
これと抱擁親嘴してませ楽しんだというほどの変り物で、その后が取りも直さず半男女同然故、それ相応に半男女の馬に車を牽かせたものか。
もう救荒本草類の圖書をめる便宜もなくなり、專ら親試に頼るのみである。そして既に五十幾種かの自然生の葉莖を食べ試みた。少し煩瑣るが、その名を、思ひついた順序に書き附けて見よう。
すかんぽ (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
位下左近衛少将越中守細川忠利は、寛永十八年辛巳の春、よそよりは早く咲く領地肥後国の花を見すてて、五十四万石の大名の晴れ晴れしい行列に前後を囲ませ
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
孔明は素輿(白木の輿)に乗って陣中を見まわり、常のごとく、黄巾をいただき白羽扇を持ち、その出入を見るや、衆軍みな敬して、進止軍礼、一のみだれも見ることができません、……実に
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
川上の矢口の渡で新田義興の亡霊が、江戸遠江守震死せしめた、その大雷雨の時もかくやと思わしめた。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)