“唇歯”の読み方と例文
読み方割合
しんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
壮年期には、大宰大弐という官職にもついていたし、晩年には日宋貿易の上からも、彼と九州とは、唇歯の関係もただならぬものであったのに。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
実に米国と日本とは商業上の関係においては唇歯相扶け、輔車相倚る好兄弟といわざるべからず。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
南部の南洋群島、フィリッピン、西部の印度、大陸に接する安南、緬甸、香港、澳門すでに彼白人の勢力にして、、未だ白人の雄心死せざるなり。日と中とは同種同文、唇歯る。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)