“著述”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょじゅつ50.0%
ちよじゆつ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
英国の一紳士にしてながく日本に滞在し、日本の婦人を妻とせる人がすこぶる日本贔屓で、種々の著述もして日本を世界に紹介した。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
にわたって、その思想を系譜的に著述した彼の「神皇正統記」は彼の精神の結晶といってよい。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
問、足下は尚ほ何時迄著述従事せれんとする乎(基督信徒に他人の仕事にする者し)。
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
余二十年前丸山氏の家に遊笻をとゞめし時、祖父が宝暦の頃の著述也とて、越後名寄といふを見せられしに、三百巻自筆写本也。名寄とはあれど越後の風土記なり。