“従事”のいろいろな読み方と例文
旧字:從事
読み方割合
じゅうじ66.7%
じゆうじ22.2%
じうじ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「以前は、袁紹従事として仕えていましたが、天子のご還幸を聞いて、洛陽へ馳せのぼり、菲才をもって、朝に出仕いたしております」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
若しての文学者兵役従事せしめば常備軍三倍して強兵がるべく、ての文学者支払原稿料れば一万甲鉄艦何艘かをるにるべく
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
問、足下は尚ほ何時迄著述従事せれんとする乎(基督信徒に他人の仕事にする者し)。
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)