“三倍”の読み方と例文
読み方割合
さんばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るに、もしこれに火災はると、人命損失三倍乃至四倍になるのであるが、これは下敷になつた
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
若しての文学者兵役従事せしめば常備軍三倍して強兵がるべく、ての文学者支払原稿料れば一万甲鉄艦何艘かをるにるべく
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
……ぢやのを穿いてたらしい、可愛素足三倍ほどな、塗下駄つけるやうに、トンと土間つてて、七輪つた、十一二だけれども、ツぐらゐな、小造りな
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)