イエス伝イエスでんマルコ伝によるマルコでんによる
終戦後キリスト教に対する日本人の関心はいくらか増してきたが、それでもまだ十分とは言えない。いわんや戦争前および戦争中において、キリスト教に対する日本人の態度は無知と傲慢と冷淡と偏見に満ち、「キリスト教は日本の国体に合わぬ」という一言の下に、 …
作品に特徴的な語句
したが 先生ラビ 彷徨さすらい 燈火ランプ センス 羞恥はずかしさ きよめ はて 髑髏ゴルゴタ 幻想ハルシネーション きわみ 皇帝カイザル 完全コンプリート もの かた そなえ 彼岸むこうぎし しりえ かえ 絶頂クライマックス とどま 幸福さいわい みの すがた なお わた かぐわ 汚穢おえ あがない たず きつ かお ノー 御衣みころも 橄欖オリブ 教会エクレジャ うけ はな 繊細デリケート かしら いだ カーテン いつく 顕現パルーシャ うみ 哀憐あわれ 機会チャンス すみっこ 微妙デリケート けがし ゆる まな 鶏鳴とり 鮮明はっきり 嫉妬ねたみ 退さが すみ そこな くす あしなえ ことば かしこ もう 詭計たばかり あざむ 正義ただしく まみ やしな 応酬やりとり みごも ゆだ むすめ おびや 外貌うわべ 永遠とこしえ 気息いぶき おのれ 酒槽さかぶね いま 国守テトラルク 囲繞いじょう 四周ぐるり 役者えきしゃ 御意みこころ えみ かまびす つの