岷山の隠士みんざんのいんし
「いや彼は隴西の産だ」 「いや彼は蜀の産だ」 「とんでもないことで、巴西の産だよ」 「冗談を云うな山東の産を」 「李広の後裔だということだね」 「涼武昭王暠の末だよ」 ——青蓮居士謫仙人、李太白の素性なるものは、はっきり解っていないらしい。 …
作品に特徴的な語句
われ もっ 美味うまい つかえ よそ なず ごと かん よう いわん 衣裳きもの さい もと あた まさ うけたま えん のう たくまし 那家いずれ 天宝てんほう ろう 彼奴きゃつ かんじ ふせ せい わか かん 高麗こうらい 不可いけ 不味まず 乾元かんげん 他人ひと 任城にんじょう 伍相ごしょう 会稽かいけい はべ 供奉ぐぶ 依芸いげい とりこ 倜儻てきとう 剡中えんちゅう 南奔なんぽん 口傍こうぼう 各自めいめい 呉筠ごいん 商於しょうお おど 四方あたり 外頭がいとう 天竺てんじく 太原たいげん 奇毒きどく 奉天ほうてん 如今じょこん 安石あんせき 宣城せんじょう 審言しんげん しばしば 山東さんとう 岷山みんざん 岸蘆がんろ 崔渙さいかん 巫山ふざん 巴西はせい 幾歳いくつ 張旭ちょうぎょく 彷徨さまよ 戎虜じゅうりょ 払林ふつりん 扶余ふよ とりこ たお 斉魯せいろ 新羅しらぎ 方沢ほうたく 日向ひなた 旨々うまうま 旻天びんてん しん 晋祠しんし 普賛ふさん いとま 李広りこう 李銑りせん 林邑りんゆう 楊雄ようゆう 楽遊がくゆう 欄鉤らんこう なか