“旨々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うまうま50.0%
うま/\33.3%
まんま16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そう言って君を瞞したのさ。君はトリックにかかったのだよ。僕のトリックに旨々とね」
広東葱 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼は先ず最初横浜で保険金詐取の目的で放火をして、旨々と成功した。それに味をしめて、神田内に転住した時に、再び放火を企てた。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
ざっと流して座敷に帰り、手早く旅行鞄を開きて、小瓶の中より絵具を取出し、く顔に彩りて、懐中鏡に映し見れば、我ながらその巧妙なるに感ずるばかり旨々と一皮りたり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)