“旨煮”の読み方と例文
読み方割合
うまに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、後船鎗と戸棚の中とに、鮭の鑵詰、スープ、羊肉の旨煮、その他のご馳走がある。しかし、それとても五十人の船員が食ったらば、くひまに無くなってしまうことであろう。
はてさて迷惑な、こりや黄色蛇旨煮か、腹籠蒸焼か、災難うても、赤蛙干物大口にしやぶるであらうと、ると、片手ちながら掴出したのは老沢庵
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
大平鯛麪旨煮烏賊牛蒡土当帰此類であつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)