“旨過”の読み方と例文
読み方割合
うます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「話があんまり旨過ぎるなあ、その手で、人質を取上げの、あとは呼子の笛で、者共逃すな、なんて段取りじゃあるめえか」
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
なう蜂蜜旨過ぎてらしく、うてようといふる。ぢゃによって、よう。よいく、きにぐるはきにぐるがしぢゃ。