“毋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なか66.7%
33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天兵一下、千里流血、君は頡利のに同じく、国は高麗の続とならむ。方今聖度汪洋、爾が狂悖を恕す。急に宣しく過を悔い、歳事を勤修し、誅戮を取りて四の笑となるれ。爾其れ三思せよ。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
○造物主アルヲ信ズル
地陰星 大虫 顧大嫂(顧のおばさん)
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)