“毋大虫”の読み方と例文
読み方割合
ぶだいちゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
賭場でない別室では、鄒淵鄒潤を上座に、そして孫新が取りもち役で、み交わして飲んでいたが、毋大虫の顔を見るなり孫新が
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が沸くなどという形容も充分ではない。同時に奥の方からは毋大虫おばさん、孫立の妻、そして、楽和そのほかも馳せ集まる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのあいだに、孫立一味は城郭中の通路、隠し道、奥との連絡、すべてのりを遂げていた。毋大虫のおばさん、孫立の妻も、ひそと心得顔である。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)