“ぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
43.5%
17.1%
5.4%
5.0%
4.6%
3.3%
3.1%
2.7%
1.9%
1.2%
1.2%
1.1%
1.0%
0.9%
0.6%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
三分0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笹村には思っていることをあまり顔に出さないような深山の胸に横たわっている力強いあるものにかったような気がしていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
彼は一位の幕の隙間から、おずおずと外を覗いて見た。だが、安心したことには、そこには彼を見つめている一つの顔もなかった。
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「知ってらあ! 知り過ぎてらあ! だから敲き壊してやるのさ。その、白狐だかなんだか、してくれっから。糞垂稲荷め!」
或る部落の五つの話 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
武州川越在の千頭津右衛門といえば、碁打の間には全国的に名の知れた打ち手。名人上手に先二ならがあるという評判であった。
それが皆わざおぎの所作ではなくて、神の実在を信じたあるじりであったことは、ちょうど我々の盆の魂祭の後先ともよく似ている。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
胡麻塩の頤髯を悠々とし、威厳のある声音で急所々々を、ピタピタ抑えてまくし立てた様子は、爽快と云ってよいほどであった。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
〔譯〕一歴史、皆形迹へて、情實或は傳らず。史を讀む者は、須らく形迹にいて以て情實をね出だすことを要すべし。
そこで手ばなしでうつせになったり、あおのけになったり、しゃっちょこ立ちをしたり、足首でつかまってぶら下がったりするのです。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
百姓家は恐ろしく大きな草きの屋根を持っていて、その脊梁には鳶尾に似た葉の植物が生えている。時々我々はお寺か社を見た。
十九年前蘇武に従って胡地に来た常恵という者が漢使にって蘇武の生存を知らせ、このをもって救出すように教えたのであった。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
藻掻いていると、確か女が来てから一週間目だったかと思う、朝からのビショビショりが昼過ても未だ止まない事があった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
家や田畑は、弟に取られるしな、食物もろくろく食わせらんし、なんぞ口答えすると、弟三人がよってたかって打擲するんじゃもの。
義民甚兵衛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
先刻お勝手へ参りましただが、お澄さんが、まだ旦那方、御飯中で、失礼だと言わっしゃるものだで。」——「つぞ。出ろ。ここから一発はなしたろか。」
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
またその威光をしてまで、しつけに訊く者もなかった。うすうすのことは誰でも察していたのである。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「その上、果し合ひに卑怯なことの無かつたことを見屆けさせる爲に、生き證人として、下男の爲吉を隣の部屋に隱し、そつと一仔什を覗かせて置いた」
が、の赤目のちぢれ毛の跛をったように生徒をったことを聞かぬ。或時には癇癪して持っている石筆をば、ストーブを目がけて投げ付けたことがある。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
気が附くと、お向ひの家の奥さんらしい方が、いつも坊ちやんとお遊びになる小さい女のお子さんをおんなすつて、門の内に立つてお出でになつた。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
代助は其晩わざと雨戸かずにた。用心と云ふ恐れがには全くかつた。彼は洋燈して、蚊帳寐転びながら、い所から暗いかして見た。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
例の東風から参堂の上是非文芸上の御高話を伺いたいから御在宿を願うと云うれがあったので、朝から心待ちに待っていると先生なかなか来ないやね。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昔の支那人は「帰らなんいざ、田園せんとす」とか謡った。予はまだそれほど道情を得た人間だとは思わない。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
笹村が時々ぷりぷりして、深山にかるようなことはめずらしくもなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
かけや割りに好きなおかずばかり食べるようなことをはじめるものだから、ご飯の時は、かならずそばでよく気をつけて、ゆっくりむこと、おかずをむらなく食べること
女中訓 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
「オカシイデスヨ、奥サンガドコニモイラッシャラナイラシイデス」ト云ウノデ、敏子ガ捜スト、妻ハ風呂ニカッタママ浴槽ノ縁ニ両手ヲ掛ケ、ソノ上ニ顔ヲセニシテッテイタ。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「とんだ惚気だ。」苦笑が、藤吉の口を曲げた、「ここらあたりと狙って、ちょっと一本ちこんでみたんだが、おこよさんの口ぶりじゃあ、どうやら金の字だったようだのう。」
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名) / 林不忘(著)
何か悪いことでもして未決へでもち込まれているのではなかろうか。刑事の口吻では、オイそれと言って出て来られそうな様子も見えなかったが……。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
牛込築土前の、此の大勝棟梁のうちへ出入りをする、一寸使へる、岩次と云つて、女房持、小児の二人あるのが居た。飲む、買ふ、つ、道楽はもないが、たゞ性来の釣好きであつた。
夜釣 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
未明に一人しの床をお離れになって妻戸をお押しあけになると、前庭の草木の露の一面に光っているのが、渡殿のほうの入り口越しに見えた。縁の外へお出になって
源氏物語:42 まぼろし (新字新仮名) / 紫式部(著)
しかし、恥を知らぬ自堕落な連中が、どこまでもただ道楽を道楽として臆面もなく下等にばか話を吹聴し合っている時、一人沈黙を守るのは偽瞞でもなければることでもない。
「打ちみたところ、眼ッかち、鼻べちゃ、藪にらみ、さては兎唇出歯の守、そろいそろった男が、ひょっとこ面を三百も、目刺しまがいに、並べたところは祭だが祭は祭でも血祭りだ」
猿飛佐助 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
ここの厩舎から、縄を解いて、放ってやった七郎というあの侍は、その後、主家の兵衛から、役に立たぬ不届き者と、家をも扶持をも奪われて牢人となり、菰僧に落ちれていると聞いたが……。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
多「じゃアうしても往くか、己此処まで来て敵もたずにへ引返すのか、なんだッて此の坊様はおっられて居たんだナア」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
母「別れエえたッておっぬじゃアなし、関取がに逢って敵いって目出度くって来たらえじゃアねえか」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
黒ちりめん三つ紋の羽織、紋は今日日とおなじ七位だった。そのあとで、女でも一寸一卜位まで大きくなって、またあともどりしたのだ。
手拭と菓子籠の間へ、ヒラヒラと、一、二厘の、ばかりの赤や青のピラピラのさがった楽屋簪を十本ばかりはさんだのを、桟敷の中へ押入れるようにしていた。
私をつのこそまだいゝけれど、大きな聲をして古宮に聞えたら大變だと、あの時は本當にハラ/\しましたつけ。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
細君は五十嵐が腹を立てゝ物を擲げ附ける時や、長い骨々した腕でつ時はいつも斯ういふ態度で居る。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
水を入れたガラスがいくつも並んでいる。底に少しばかり砂を入れていろいろが植えてある。よく見ると小さな魚がその藻草の林間を逍遥している。瑪瑙で作ったような三分ぐらいの魚もある。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
パーク旅館の給仕と称する男から電話がかかった事から、見知らぬ男のために手足を縛られ、その上、猿轡まではめられて、五階の一室に監禁されたまでの一始終を語った。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
なあにれ、蜀黍つたにや勘辨しめえとつたんだつけがお内儀さんにらツたから我慢したんだ、卯平だらしてやんだ、いやれにや本當られつとも
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
『何ア莫迦だつて? 家のねえで、毎日飲んでつて許りゐたら、高田の家ア奈何なるだべサ。そして万一捕縛られでもしたら……』
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
だが、さけんで反応がなかったように、そのがとおく八へ鳴りひびいていっても、外城から、こたえきの合わせが鳴ってこなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
追立というのは、誰彼なしにをあるいている者をつかまえて、夫役に使ったことをいうかと思われる。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかしこゝよりれるところはない鉄砲ち殺されるかそれとも助かるか一かばちか○「南無妙法蓮華経」とお題目をとなへながら流れをのぞんで飛び込みました。
「僕は三四年前に、貴方左様打ち明けなければならなかつたのです」と云つて、然としてぢた。三千代は急に手帛からした。くなつたを突然代助のつて
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
えが悪いといっては、琵琶ので打たれ、節語りに、東国りが抜けぬといっては、お手の中啓(半開きの扇)を、このの顔へつけられたり……
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふと下から人が見て居やしまいかと思って見下した時には自分は幾十尺という空中にら下っている気持がして、もう眼がんで何も見定が付かなかった。今更私は後悔したけれど、仕方がない。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
珈琲店に夜かしをして帰つて寝巻に着へようとする度、襯衣の下から迄コンフエツチがほろほろとれて部屋中に五の花を降らせた。巴里で第一にな祭は三月のミカレエムだと云ふ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
或る人が枳殻寺の近所を通ると、紙の旗や旗を立てて、大勢が一団となり、の声を揚げ、米屋をして、勝手に米穀をって行く現場を見た。
その言ひ草がどうだらう——『さあ、そこにおとなしく坐つとるんだ。これからはフェルヂナンド王だなんて名乘ると、らしめのためにちのめされるぞ。』
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
地陰星 大虫 顧大嫂(顧のおばさん)
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かにかぶった手拭いのため、瞳もかくれてしまいそうだったが、そのときひょいと彼の方を見あげ、すると、彼女のみひらかれた
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
私は彼の下にされていた私の体を、静かに外へ引きずり出した。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
在英中土宜法竜僧正から『曼荼羅私鈔』を受け読みると、塔中三十七尊を記せる内、阿閦、宝生、無量寿、不空成就の四仏がの四菩薩を流出して大日如来を供養し(内四供養
と、言うが早いか、どんぶりの水を口にもってゆかずに、一、二りの赤い熱頭の上へ、こごんだまま、ザブッとぶっかけてしまった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「うんにゃ。税務署にっけらへれば、罰金取らへる。っけらへなぃば、すっこすっこど萄酒む。」
葡萄水 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
金五郎 心配するな、俺が水熊の婿になったら、お前にや給金の外にたンまりをやるから。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
「粟津の木曽殿で、大変でしたろう。なにしろこゝらは躑躅の咲くまでは、江戸の人の足みするところじゃありませんよ。」
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)