曲馬団の「トッテンカン」きょくばだんの「トッテンカン」
いちばん先に、赤いトルコ帽をかむった一寸法師がよちよち歩いて来ます。その後から、目のところだけ切り抜いた大きな袋をかむった大象が、太い脚をゆったりゆったり運んで来ます。象の背中には、桃色の洋服をきたかわいい少女が三人、人形のようにちょこんと …
作品に特徴的な語句
身代みが えい げき づつ じょう ぞう 飛行ひこう せい 中央ちゅうおう 失敗しっぱい 周囲しゅうい かな いきお 後援こうえん ねつ 四方しほう 昨夜さくや あらわ はい けん 総立そうだ ばつ かれ 往来おうらい 背負せお 山颪やまおろ 小屋ごや いか 立派りっぱ 失敬しっけい 見物けんぶつ とびら しゅ 夕飯ゆうはん わたくし ごえ 拍手はくしゅ みな しら 最中さいちゅう くわ べつ みずうみ ふう 列車れっしゃ 光来こうらい 光景こうけい さき えん れい しず 演出えんしゅつ ごろ 演芸えんげい 活気かっき 綱渡つなわた 浜松はままつ なみだ わた つな 満足まんぞく きぬ 絶頂ぜっちょう 素早すばや 約束やくそく 粗末そまつ わら 竿上さおのぼ 竹竿たけざお 神戸こうべ ばん 田舎いなか 猛獣もうじゅう 芸人げいにん 片足かたあし 白粉おしろい 片手かたて ねむ なが 瞬間しゅんかん 碁盤ごばん 無事ぶじ はし 竜宮りゅうぐう 演技えんぎ 甲府こうふ 秋風あきかぜ くま