“総立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうだち55.6%
そうだ44.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
式長はムネ・シユリイである。ヱベエル、ララの二女優が文豪を讃歎する二篇の詩を交代に歌つて満場総立の拍手の中に式が終つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
忽ち多くの病室へつて、患者は総立。『放逐してへ、今直ぐ、それが出来ないとあらば吾儕つて御免を蒙る』と腕捲りして院長をすといふ騒動。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
見物人はいつか総立ちになっていました。そして新吉のからだが、ファットマンの鼻の先でみごとにい上げられたとき、見物人はどっと声をあげてよろこびました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
とばかり、一どに総立ちになるやいなや、民部の上へ、どッとなだれを打ってきた怒濤
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)