“浜松”の読み方と例文
旧字:濱松
読み方割合
はままつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしは遠江浜松にご在城の、徳川家康さまのおんでお小姓とんぼのひとり、万千代づきの星川余一というものでござります
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あれは天正十一年に浜松逐電した時二十三であったから、今年は四十七になっておる。太い、ようも朝鮮人になりすましおった。あれは佐橋甚五郎じゃぞ
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そうして東京、横浜沼津静岡浜松名古屋大阪神戸岡山広島から福岡へんまで一度に襲われたら、その時はいったいわが日本の国はどういうことになるであろう。
時事雑感 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)