茶漬三略ちゃづけさんりゃく
人々は時の天下様である太閤の氏素姓を知りたがった。羽柴筑前守秀吉あたりから後のことは、誰でも知っていたが、その以前の彼を知りたがった。 わけて、小猿とか、日吉とか呼ばれて、姓さえろくになかった時代の生い立ちを知りたがった。 けれど太閤は、自 …
作品に特徴的な語句
イル ワレ イハク カウム サカン かん 退 下女しもめ 太陽てんと だま ちが 退 われ 故郷いなか しるし つまび ともし たも ぬかず しぼ じゃく あが ざかい そもそも さいな 老母おふくろ がき とじ ざい はぐ おり ことほ いで つか わら ぱら 落胤おとしご くら はず 政所まん とむらい かげ ぬの くく 赤銅あかがね 天道てんと あめ あた 追剥おいは とお いっ こく 一方いっぽう 其方そのほう すさ 一瞬いっとき すぐ わなな 何処いずこ 幾年いくとせ くつがえ 日吉ひよし むね おぼ しば かし 炉辺ろへん たた 爽々すがすが きびす 奪回とりかえ 宗仁そうにん 紹巴しょうは 宿しゅく きよ わし 家政いえまさ 月清げっせい