“節語”の読み方と例文
読み方割合
ふしがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えが悪いといっては、琵琶ので打たれ、節語りに、東国りが抜けぬといっては、お手の中啓(半開きの扇)を、このの顔へつけられたり……
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)