石狩川いしかりがわ
もはや日暮れであった。濶葉樹のすき間にちらついていた空は藍青に変り、重なった葉裏にも黒いかげが漂っていた。進んで行く渓谷にはいち早く宵闇がおとずれている。足もとの水は蹴立てられて白く泡立った。が、たち …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 合槌あいづち 対峙たいじ 烏賊いか 敵愾心てきがいしん 見馴みな 采配さいはい がんな 一喝いっかつ 不機嫌ふきげん 従容しょうよう 突兀とっこつ 反身そりみ 天秤てんびん 藁草履わらぞうり なみ 眉宇びう 披瀝ひれき いが 櫛巻くしま 鵜呑うの 眼差まなざ 諸共もろとも 足蹴あしげ もも 耳許みみもと 斡旋あっせん 木挽こび ぬか 混沌こんとん 捗取はかど 大喝だいかつ 清冽せいれつ 牢屋ろうや 不逞ふてい 淋漓りんり 仄白ほのじろ 僭越せんえつ さかい 度胆どぎも 淙々そうそう 茫漠ぼうばく 巍然ぎぜん 凄惨せいさん 困憊こんぱい おり 藍色あいいろ とら 矢立やたて らち 見栄みえ とう 夢寐むび 逼迫ひっぱく 遙々はるばる 屈托くったく 木魂こだま 厖大ぼうだい 烏合うごう 鳶色とびいろ げき 濶歩かっぽ 衣桁いこう 闖入者ちんにゅうしゃ 硯箱すずりばこ 跳梁ちょうりょう 齟齬そご くわ 遁走とんそう 向島むこうじま 強靱きょうじん 生唾なまつば 縷々るる 沮喪そそう 脳裡のうり 落人おちうど 倨傲きょごう 凛々りんりん 勿怪もっけ 小皺こじわ ねぎら 顫動せんどう ふるい 手蹟しゅせき 杞憂きゆう 焼酎しょうちゅう 猛々たけだけ 伝手つて 口吟くちずさ 情誼じょうぎ 抑々そもそも 畏怖いふ たのし 疑懼ぎぐ 粗朶そだ 神酒みき えつ