石狩川いしかりがわ
もはや日暮れであった。濶葉樹のすき間にちらついていた空は藍青に変り、重なった葉裏にも黒いかげが漂っていた。進んで行く渓谷にはいち早く宵闇がおとずれている。足もとの水は蹴立てられて白く泡立った。が、たちまち暗い流れとなって背後に遠ざかった。深 …
作品に特徴的な語句
ぬし ちぢ いさ かがま さい しず はず 退ずさ いと くぎ だお しも ないが へだて すぼま 退しさ ちゃん 明瞭はつき そう 白楊ドロ ほつ あわ 徒歩ある ほお ゆらめ れっ ぶと かく はに 祖父じじ 若干そくばく いい うな 明瞭はっき いだ かた 冥加みようが むな おそろ あか とぼ はにか めい 背負しょい 空々からから かお かたわ なが いず こう 聚落むら つらな がえ ただ つめ ぎぬ かかわ まつわ づか おさ うつ とっ 埴土しょくど とどま むな こしら だん 手拭てふ 一括ひとくくり なつか たいら 大鋸おおのこ 退さが ほう