朱絃舎浜子しゅげんしゃはまこ
木橋の相生橋に潮がさしてくると、座敷ごと浮きあがって見えて、この家だけが、新佃島全体ででもあるような感じに、庭の芝草までが青んで生々してくる、大川口の水ぎわに近い家の初夏だった。 「ここが好いぞ、いや、敷ものはいらん、いらん。」 広い室内の …
作品に特徴的な語句
女子ひと きつ おもて 精神おおね たく 奴婢みずしめ ぼそ 寛々らくらく 亡父おとう もの たん じょ にぎ じき めい おと せん いそ はた 水辺みずのほとり いさ いつ もう ばえ ひと 湿 麹町わし ちゅう あきらか 気質たち はん つら 尺八ふえ かん のど うえ 女人ひと なまめ だか 早朝あさ くびすじ 目下いま 歿なく みこと おも 小禽なに とど すそ 道路おうらい いで やさ 花柳はなやぎ こし たて かか くう ぶね もの 暫時しばし いと あり かね かむ まな ない のの ほり 以前まえ 亡母なきはは くつ あが 乳母ばあや 縁引えんび 不味ふみ おも のち 計画たくら 江島えしま かど 四分しぶ 地方じかた 富家ふうか 容貌きりょう にお しき 場処ところ 火皿ほざら ぶね かみ 三升さんしょう